日本フィリス・クリスタル療法センター

写真は100歳の誕生日のお祝いで弟子たちからプレゼントを送られ、

挨拶をするフィリス・クリスタル。

 

 

フィリス・クリスタル氏(1914-2016)

 

英国・イングランド生まれの心理療法家。

アメリカ人の夫、シドニー・クリスタルと共に、アメリカ・カリフォルニアに居住。

92歳の時 ドイツ・ ミュンヘンに移り、97歳でスイスに住居を移す。

100歳の時、英国へ帰国。アメリカ、スイス、カナダ、オーストラリア、インドなど世界各地において活躍。

60年以上にわたり、この教育療法を教え続けた。2012年にスイスにフィリス・クリスタル財団を設立。

 

 

 

☆ 彼女の療法が開発された理由(経緯) ☆

 

1950年代、忙しい生活の中、日々起こる問題をどのように解決して行けば良いかと思い、友人と二人で発案された。

その後クライアントとのセッションの中で、そのクライアントの持つ問題をどのように解決していけるかと、

少しずつ20年近くかけて開発されていった。

其れゆえ、PK療法の内容はまさにユニバーサル・デザインであり、

 私たちが日常直面する問題を実践的にどのようにしたら解決できるかキーワードになっている。

 

 

 

 ~ フィリス・クリスタル療法に関する本 ~

 

    “ Mini-Book 1 : Basic tools to Introduce the Phyllis Krystal Method”, (2016.6.30 日本語版販売開始)

    “ Cutting The ties That Bind : Growing Up and Moving On”,

    “ Cutting More Ties That Bind : Letting go of Fear, Anger, Guilt, and Jealousy so

       We Can Educate Our Children and Change Ourselves”,

    “ Cutting The Ties of Karma : Understanding the Patchwork of Your Past Lives”,

    “ Cutting The Ties That Bind Work Book”

    " The Flight of The Phoenix To Liberation" など多数。